Pocket
LINEで送る

こんにちは。スマホ修理@勉強カフェ岡山駅西口前店です。

お問い合わせなどで、パスコード忘れてiPhoneがロックされ、使えなくなる人が増えています。

iPhoneの修理先について

iPhoneの、パスコードロックを、毎回解除してるから大丈夫だろうと思われる方も多いと思いますが、iPhone5sから、Touch ID(指紋認証)が搭載されて以降、Touch IDに、自分の指紋を登録してロックを解除する人が増えています。

毎回、Touch IDで、ロック解除をするので、問題ないのでは?と、思われている方、大きな誤解があります。

Touch ID(指紋認証)は、再起動した後は、パスコードを入力した後でないと使用出来ません。

これを知らない人が意外と多いんです!

充電が切れたり、何かの拍子で再起動かけてみたり、たまたま、故障したので、修理専門店に出す時など、パスコードを入力しているのに、拒絶されたら・・・。

何回も連続してパスコードロック解除に失敗したらどうなってしまうのか。

iPhoneはパスコードを複数回間違えて入力すると、どんどん入力可能な時間が長くなります。6回失敗すると1分間入力出来なくなり、7回失敗すると5分間、8回失敗で15分間、9回以上の失敗で60分間入力が出来なくなってしまいます。
最悪の場合、設定次第では、11回目の失敗でiPhoneが全く使えなくなってしまう(「パスコードロック解除に10回失敗したら、データを消去する」を設定していた場合)のです。

Appleが、iPhoneに設定している防犯システムですが、それが、裏目に出てしまうのです。

あの、アメリカのFBIですら、アップルに捜査協力で要請しても応じなかったくらい、パスコードは、誰も教えてくれません。

そうなると、ただの高価な置物(通称:文鎮化)となってしまいます。

iPhoneを復帰させる手段もない事はないですが、基本的には、初期化(データは、全て無くなります。)しか、方法はありません。

iTunesや、iCloudで、バックアップを取っていた場合は、バックアップを取ったタイミングの情報が残った状態でiPhoneを復帰させることが出来ます。しかし、バックアップを取った以降の情報は失われるので、そこは諦めざるをえません。

バックアップを取っていなければ、残念ながら、全てのデータは無くなり、0の状態になってしまいます。

パスコードを忘れない様に気を付けて下さいネ!!

Pocket
LINEで送る