Pocket
LINEで送る

こんばんは、スマホ修理@勉強カフェ岡山駅前店です。

今回は、iPhone6sのガラス割れでご来店頂きました。
以前も修理したお客様で、落としてしまったそうです。

状態としては、スマホ画面上部が、割れておりました。

お客様に確認した所、右上の角から落ちてしまい、画面のタッチパネルの真ん中から下は反応しますが、上部が、全く反応しなくなっていました。

iPhone6s ガラス割れ修理

早速、修理に取り掛かります。

タッチ不良を起こしていたのと、ガラス割れの状態が、よくありませんでしたので、ガラス+液晶交換に変更しての修理となりました。

お客様がバックアップを取られていないとの事でしたので、パネル交換で、大事なデータが無くなる事は0に近いぐらいありませんが、より慎重に作業を行いました。

タッチパネル不良が起きていましたので、パネル交換後、確認すると、パスコードロック寸前で、iPhoneの画面に「このiPhoneは使用できません」という文字が表示され、「1時間後にやり直してください」と表示されていました。

1時間後というのは、9回目、もしくは、10回目のパスコードの入力ミスの場合に出ます。
タッチパネル不良になり、勝手にパスコード入力されてしまう状態(いわゆる、ゴーストタッチ)になっていました。

11回目になると、「このiPhoneは使用できません。iTunesに接続して下さい」の表示に」なり、データ復旧は不可能になり、初期化するしか方法はありません。

本当に、ギリギリの状態で、パスコードロックでの初期化を、回避出来ました。

パスコードを設定している方は、もし、タッチ不良や、液晶不良で、操作出来なくなった場合、直ぐに電源を落として下さい。
勝手にパスコードを入力してしまう、「ゴーストタッチ」を防ぐ為です。
その状態で、修理店にお持ち下さい。

無事に交換も終了し、データもそのままの状態で、元通りに画面が、使用出来て、タッチ操作も復活しました。

お客様も、大変喜んで頂けました。

お困りの事がございましたら、お気軽にスマホ修理@勉強カフェ岡山駅前店にご相談下さいね!!

Pocket
LINEで送る