iPhone(スマホ)のガラス交換・水没・バッテリー交換などお気軽にご相談下さい!修理中は勉強カフェ岡山スタジオ内を無料利用出来ます!

防水加工

  • HOME »
  • 防水加工
Pocket
LINEで送る

防水加工

syourei11_image_alt

iPhoneの防水加工をしたい!という方へ

iPhoneなどを、トイレに落としたり雨に濡れてしまうなど、水没によるスマートフォンの故障は日常で簡単に起こり得るものです。
Android端末等であれば防水仕様の機種もありますが、iPhoneは7/7 Plus以前の機種には防水機能はついていません。海水や飲み物といった不純物の混じった液体がかかってしまった場合や、本体内部の奥にまで水が入り込んだまま時間が経ってしまった場合、復旧が困難になりお客様の大切なデータがなくなる事もございます。
当店でも水没復旧の修理は行っておりますが、復旧不可能な状態まで故障してしまうと正規店で本体を交換してもらうしかなく、非常に高いお金がかかってしまいます。
そうなる前に、当店の「防水加工」をお試しください!
内部の部品が濡れてしまわないようコーティングするだけですので、iPhoneの見た目が変わってしまったり操作性が落ちる事はありません。

「防水仕様のiPhoneケースとどう違うの?」と思われているお客様もいらっしゃるかと思いますので、防水仕様のiPhoneケースと当店で行っている防水加工との違いをまとめてみました。

 

防水仕様のiPhoneケースと当店で行っている防水加工との違い

防水仕様のiPhoneケース

防水ケースには、「ソフトタイプ」と「ハードタイプ」に2つのタイプがございます。
ソフトタイプは厚手の透明シートが袋状になっているものにiPhoneを入れて使用し、比較的安価で手に入れる事が出来ます。
お風呂やキッチンでiPhoneを操作したい方や、防水機能を必要とする場面があまり多くない方に向いています。
ハードタイプはiPhoneにぴったりと合ったサイズでカバーし、ソフトタイプよりも高価な分、防水性能は高くなります。
多くのモデルが防塵や耐衝撃機能も備えており、アウトドアやスポーツなどで使用する方向けのカバーです。

 

当店での防水加工

本体内部に水が入り込まないよう本体をコーティングいたします。
加工前と加工後でiPhoneの見た目や使用感が変わる事はなく、防水仕様となった点以外は今までと一切変わらない状態ですので、お好きなケースを付けてお使いいただけます。
水中での使用は想定していないため長時間水につけたりすると浸水する可能性がありますが、うっかり水に落としてしまったり液体をこぼしてしまったという程度であれば全く問題ありません。
本来であれば復旧困難なレベルの水没でも、防水加工をしていれば復旧出来る可能性がぐんと上がります。

 

万が一水没してしまった場合

万が一水没してしまった場合は、たとえ防水加工施工後であっても必ずティッシュやタオルなどで水分を拭き取り、きちんと乾燥させてからお使いください。 また、完全防水ではありませんので、長時間の水没などで内部に水が入り込んでしまった場合は、早急に当店までご相談ください。

 

効果は本当にあるの?

内部をコーティングするだけで、本当に防水加工ができるのか?と疑念を持たれるお客様もいらっしゃいます。一度、当店での実験にて防水加工をしたものを、そのまま水中に落とし、どれだけ動き続けるか?の実験を行いました。結果、10分以上水中に浸しておいても誤作動、データが完全になくなるといった不具合は一切ございませんでした。
(※防水加工はあくまでも不慮の水没から基盤を守る事なので、水中での使用を目的とはしていません。)

 


ご紹介していただいた方に現金500円or商品券をプレゼント
ご紹介キャンペーン詳細


学生証提示で500円OFF
学割キャンペーン

Pocket
LINEで送る

お気軽にお問い合わせください TEL 086-253-4511 平日・土曜日:10:00-22:00
日曜日・祝日:10:00-20:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP