Pocket
LINEで送る

こんばんは。スマホ修理@勉強カフェ岡山駅前店です。

iPhone用の充電ケーブル(Lightning(ライトニング)ケーブル)などのApple製品周辺アクセサリーに、「Made For iPhone/iPad/iPod(MFi)」と記載された製品があるのをご存じでしょうか。

「Made For iPhone/iPad/iPod(MFi)」

「MFi認証」というものを聞いたことがある方も知らなかった方もいらっしゃると思いますが、世の中には「MFi非認証」の製品も多く出回っています。

MFi認証済み製品とMFi非認証の製品では、どういった点が異なるのでしょうか。

MFi認証品の見分け方と、非認証アクセサリーのリスクについてご紹介します。

“MFi”とは、「Made For iPhone/iPad/iPod」のこと。これは「iPhoneやiPad、iPodといった機器向けに作られた製品」という意味で、Apple が定める性能基準を満たしている証、すなわちその製品が「Apple公式認定品」であることを示します。

MFi認証済みの製品は、パッケージなどにこのMFiロゴがついていることが目印です。

Lightning(ライトニング)ケーブルなどの商品を購入する際は、この“MFiロゴ”がパッケージについているかどうかでMFi認証済みか非認証なのか判断することができます。MFiロゴがついていない場合は、非認証品と考えていいでしょう。

手にすることが多いアクセサリーの中で「MFi認証」が関係してくる製品には、ケーブル内蔵型モバイルバッテリーや、Lightning(ライトニング)イヤホンがありますが、特に触れる機会が多いアクセサリーとしてiPhoneの充電やデータ通信などに使うLightning(ライトニング)ケーブルが挙げられます。

「充電ができればいいし、ケーブルなんてどれも同じだろう?」と安価な製品を選びたくなる気持ちもありますが、MFi認証を通っていない非認証のケーブルは安価ですがトラブルが多いため、安心・安全に使用するにもMFi認証済みのApple公式認定品をおすすめします。

Appleでは、Lightning(ライトニング)アクセサリーの模造品(MFi非認証品)を使用した場合のリスクを以下のように公開しています。

Lightning(ライトニング) アクセサリの偽造品や模倣品を使うと、以下のような問題が生じるおそれがあります。
・iOS デバイスが損傷する場合がある
・ケーブルが損傷しやすい
・コネクタの端子が外れる、非常に熱くなる、またはデバイスにしっかりと収まらない
・デバイスを同期または充電できない

MFi非認証品は純正のチップを使用していないため、今は使えたとしても、iOSのアップロード時に使用できなくなってしまう可能性があります。

iOSを最新版にアップデートしたところ、ケーブル接続時にエラー表示が出てしまい、今まで使用していたケーブルが突然使えなくなってしまった、ということが起こってしまうかもしれません。

非認証品を使用していると「このケーブルまたはアクセサリは認定されていないため、このiPhoneで正常に動作しない可能性があります。」といったメッセージが表示されてケーブルが使えなくなってしまう恐れがあります。

MFi非認証品の使用により、場合によってはiPhone本体の故障に繋がる恐れがあります。

・適切な電圧、電流が流れず、本体が破損してしまう恐れがある
・指紋認証(Touch ID)の認識がされにくくなる

MFi認証されていないケーブルがすべてそうとは限りませんが、安価な非認証ケーブルの場合、MFi認証されているケーブルに比べて、適切な電圧・電流が流れていない可能性があります。

最悪の場合、発火やショートにより怪我をしてしまう恐れもあるので、Apple純正や、MFi認証済みのLightning(ライトニング)ケーブルの使用をおすすめします。

充電をする際はもちろん、データの受け渡しの際にも使用するアクセサリーは、安全性を確保できるものがいいですよね。

MFi認証済みの製品は非認証品に比べると値段が少々高くなりますが、「使用できなくなる」「iPhone本体に影響が出るおそれがある」というリスクを考えると、MFi認証済みの製品を購入した方が結果的に安くつくかもしれません。

Appleから公式にライセンスを受けた「MFi認証品」の使用をおすすめします。

アクセサリーを買い替えたり追加購入する際は、ぜひ参考にしてみてください。

お困りの事がございましたら、お気軽にスマホ修理@勉強カフェ岡山駅前店にご相談下さいね!!

Pocket
LINEで送る