Pocket
LINEで送る

こんにちは。スマホ修理@勉強カフェ岡山駅前店です

iPhoneを、使用する上でぜひ手に入れておきたいアイテムが「保護フィルム」です。

iPhoneの保護フィルム

画面に、貼る事によって、画面割れなどを防いでくれるフィルムです。

ほとんどの、iPhoneなどのスマホを使用している方は、購入と同時くらいに貼っているほどの必需品になっているのではないでしょうか?

しかし、保護フィルムには当たりハズレがあったりして、「どれを選んでいいか分からない」という人も多いんじゃないでしょうか。

保護フィルムには、大きく分けて、「保護フィルム(一般的な、フィルム状のもの)」と、「ガラスフィルム」の、2種類があります。

保護フィルム、ガラスフィルムにはどういった違いがあるのでしょうか。

違いを下記に、簡単な表にしてみました。

液晶保護フィルム
ガラスフィルム
素材
PET・TPU 強化ガラス
素材の硬さ
柔らかい 硬い(割れることがある)
厚さ
薄い(ケースと干渉することがない) 厚い(ケースとの干渉に注意)
指ざわり
サラサラ 滑りづらい(最近は滑りやすいように加工されていることが多い)
貼りやすさ
コツが必要、気泡が入りやすい(気泡が抜けるタイプもあり) 硬くまっすぐなため比較的簡単に貼れる
価格
安い 液晶保護フィルムと比較すると高い

中でも、気に留めておきたい点は、フィルムの厚さです。
例えばガラスフィルムの場合、PET素材の保護フィルムと比べて厚みがあるため、どうしても「装着感」が出てしまう事があります。

決して、ガラスフィルムが駄目だという事ではありません。

後、ガラスフィルムを選ぶときによく見る言葉として「2.5ラウンドエッジ加工」「3Dラウンドエッジ加工」というものがあります。

3Dのほうは湾曲しているエッジ部分フィットしていますが、2.5Dのほうは若干すきまが発生してしまっています。前面が平らな端末なら2.5Dで問題ありませんが、iPhone8の様にエッジが湾曲しているスマホであれば、「浮き」が発生してしまい、ホコリが入り込んでしまったりと見た目が悪くなってしまうケースがあります。

また、ガラスフィルムの一部は、そういった浮きを防止するため湾曲している手前までをカバーするものもあります。よく「ひとまわり小さい!」というレビューを目にしますが、それは浮きを発生や、iPhoneケースとの干渉を防ぐ為の、仕様なのです。

もう一点、ガラスフィルムを選んだときに陥りやすい問題が「ケースとの干渉」です。全面を保護するいわゆるフルカバータイプのガラスフィルムでこの問題が発生することがよくあります。

ケースとの相性があるので難しいところですが、ケースとの干渉がどうしても心配だということであれば、ひとまわり小さく設計されているガラスフィルムか、ガラスフィルムより薄いPET、TPU素材の保護フィルムが、いいかもしれません。

最近は、ガラスフィルムを選ばれている方が、多いですね。

ちなみに当店では、ガラスフィルムをオススメしています。

お困りの事がございましたら、お気軽にスマホ修理@勉強カフェ岡山駅前店にご相談下さいね!!

Pocket
LINEで送る