Pocket
LINEで送る

こんにちは。スマホ修理@勉強カフェ岡山駅前店です。

iPhone X に初採用となった有機ELディスプレイ(Android では、以前から採用されて発売中です。)ですが、そもそもどの様なものなのでしょうか?

iPhoneの有機ELディスプレイとは?

専門的な用語がありますが、ご了承下さい。

iPhone Xは「Super Retinaディスプレイ」を搭載しています。

コントラスト比が100万対1の有機EL(OLED)です。

OLEDは、発光材料に有機化合物を用いた発光ダイオードです。
有機エレクトロルミネッセンスという現象を利用しています。

従来の液晶方式は、カラーフィルターの裏側からバックライトで照らすことで色を表現するのに対し、有機EL方式の場合はRGB素子自体が発光するので、色彩表現や応答速度に優れています。

また、液晶が黒を表現する時、液晶のバックライトは光っているため、薄っすらと白みがかるのに対し、有機ELならば黒い部分は「発光しない」ので、本物の黒を表現できるという訳です。

いい事づくめの様ですが、欠点や、液晶に劣る点もあります。

有機ELは同じ画面をずっと表示していると、焼き付きを起こす場合があります。具体的には、色が黄色っぽく変色したり、特定のオブジェクトが画面上に残像として残ったまま消えないといったものです。

OLEDは画素自体が発光するため、素子が劣化することによって焼き付きます。さらに同じ色を表示し続けた場合、RGBのいずれかのセルから早く劣化するため、特定の色が暗くなるので、カラーバランスも悪くなっていきます。

また、バックライトを持たないため、最高輝度が液晶と比べて低くなりがちで、直射日光下で見づらくなります。
画面をより明るく出来る方が太陽光下では見やすいので、最高輝度が明るい液晶の方が太陽光下での視認性が高いです。

有機ELディスプレイは、まだまだ現時点では高コストですし、全てにおいて有機ELが有利ではない(液晶の方がいい場合もある)のですが、バックライトによる電力消費もなく、パネルが薄く、スマホの長時間駆動が期待できるので、これまで以上にスマホに採用されていくことは間違いないと思います。

上記を参考に、自分に合った、iPhoneを見つけて下さいね。

お困りの事がございましたら、お気軽にスマホ修理@勉強カフェ岡山駅前店にご相談下さいね!!

Pocket
LINEで送る