Pocket
LINEで送る

こんばんは。スマホ修理@勉強カフェ岡山駅前店です。

iPhoneのバックアップは、2つの方法があります。

iTunesでのバックアップとiCloudを利用したバックアップです。

iPhoneバックアップ

何が違うのでしょうか?

主な違いをまとめてみました。

iTunesバックアップ iCloudバックアップ
バックアップ先 パソコン内(iCloud上も可能) クラウド上
保存容量 パソコンの空き容量による 5GBまで無料(最大2TB)
対象データ より多くの種類 iTunesより限定される
暗号化 暗号化も可能(手動設定) 常に自動で暗号化
取得方法 パソコンが必要 iPhoneのみでWi-Fi経由

上記にも、記載していますが、iTunesとiCloudでは、バックアップで取得できるデータの種類が異なります。

○iTunes・iCloud共通

・カメラロールの写真やビデオ
・アプリ
・アプリデータとホーム画面の配置
・SMS、iMessageなどのメッセージ
・着信音
・ボイスメモ
・Appleのサービスで購入した音楽や映画など

○iTunesのみ取得可能

・通話履歴
・壁紙設定
・「カレンダー」のデータ

それぞれの違いを理解した上で、利用して下さい。
個人的には、パソコンが必要となりますが、iTunesを利用した方が、多くの種類のバックアップが取れますので、オススメです。

後、暗号化した場合のメリットですが、取得するバックアップデータを暗号化することで、以下の情報も取得出来ます。

・保存したパスワード
・Webサイトの履歴
・Wi-Fi設定
・ヘルスケアデータ

また、LINEのトーク履歴データのバックアップと復元(引き継ぎ)も可能です。

上記を参考に、定期的なバックアップをして下さいね。

バックアップさえ取っていれば、どの様な不慮の出来事が起こっても大切なデータが復元出来ますので、安心ですよ!!

お困りの事がございましたら、お気軽にスマホ修理@勉強カフェ岡山駅前店にご相談下さいね!!

Pocket
LINEで送る