Pocket
LINEで送る

こんばんは。スマホ修理@勉強カフェ岡山駅前店です。

今回は、iPhone6sの水没復旧修理でご来店頂きました。

お客様が来店されて、端末を確認させて頂いて、驚きました。

iPhone6s 水没復旧修理

ヒアリングも兼ねて、確認していましたが、水没と、何回か落としたとの事で、ガラスは、全体が割れており、画面上部及び下部は、中の部品が見えており、満身創痍の状態でした。

それでも、奇跡的に動いていました。

しかし、近接センサー(通話していると耳が当たる部分のセンサーが働き、画面が暗くなる機能です。)が故障していて、暗くなりませんでした。

また、ホームボタンも反応しなく、動かない状態でした。

早速、修理に取り掛かります。

iPhone6s 水没復旧修理

まずは、パネルを開けて、水没修理です。

お客様が、バックアップを取られていないとの事と、全体の費用を考え、今回は基盤洗浄までは行わない、水没修理を施しました。

勿論、内部を確認した上での、判断です。

スリープボタン(電源ボタン)の反応も悪くなっておりましたが、水没修理によって回復しました。

その次に、近接センサー交換、ガラス+液晶交換を行い、その次に、ホームボタンに取り掛かりました。

本来なら、ホームボタンが反応しなく陥没しており壊れていましたので、ボタン交換となり、Touch IDが使えなくなる所ですが、当店の技術にて、ボタンを修理しました。

iPhone6s 水没復旧修理

これで、一通りの修理完了と思われましたが、もう一つありました。

充電をしようとしても、中々充電されない、急激にバッテリー残量が減っていく状態でした。

経年劣化や、お客様の使用状態にもよりますが、今回の場合は、水没の影響で、バッテリーが損傷していました。

なので、最後に、バッテリー交換をして、修理完了しました。

最初にこられた時とは見違えるほど綺麗になり、近接センサー、Touch IDなど、全ての機能が復旧し、使えるようになり、データーも無事でした。

費用は掛かりましたが、お客様には、大変喜んで頂けました。

水没させてしまった時や、お困りの事がございましたら、お気軽にスマホ修理@勉強カフェ岡山駅前店にご相談下さいね!!

Pocket
LINEで送る