Pocket
LINEで送る

こんにちは。スマホ修理@勉強カフェ岡山駅前店です。

今回は、iPhone6の水没復旧修理でご来店頂きました。

お客様より、「スマホがない事に気付き、探してみると、洗濯機の中にあり、一緒に廻しまっていて、急いで取り出したのですが、起動しなくなってしまっていました。バックアップを取っていないので、データを何とか取り出したい。」との依頼でした。

取り出した際には、水が、したたり落ちていたそうです。

iPhone6 水没復旧修理

お客様には、データの復旧は、作業してみないと分からない旨を了解して頂いた上で、早速、修理に取り掛かります。

今回の場合は、何処まで損傷(端末の部品の外見及び、内部まで)しているのかを、確認しながらの作業となります。

iPhone6 水没復旧修理

パネルを開けると、内部は、全体的に、ビッショリ濡れていました。

iPhone6 水没復旧修理

なので、基盤やバッテリーなど、重要部品は、全て取り外します。

確認した上で、基盤も損傷を受けている事が判明しましたので、まずは、基盤洗浄修理を行いました。

その間に、端末の他の部分の部品の修理、洗浄及び、調整も同時に行います。

基盤洗浄修理が完了したので、一旦組み直し、動作確認です。

祈る気持ちで、電源ボタンを押してみました。

そうすると、リンゴマークが表示され、画面が表示されました。

パスコードを入力すると、見慣れたホーム画面になりました。

その上で、動作確認を行うと、ボタンや画面、全ての機能が正常に動いています。

復旧完了です。

お客様も、心配されておりましたが、端末をお見せして、状況を説明すると、凄く喜んで頂けました。

この場合でも、一度水没しており、いつまで動くかは保障出来ませんので、帰宅したら直ぐにバックアップを取って下さいと、お伝えしました。

今回の場合は、復旧出来ましたが、状況によってはどうなるかは分かりません。

しかし、水没して、動作がおかしくなったり、起動しなくなったとしても、復旧の可能性は、0ではありません。

当店では、基盤洗浄で復旧しない場合でも、もう一つ上の、基盤修理という修理もございます。

水没させてしまった時は、スマホ修理@勉強カフェ岡山駅前店にお任せ下さいね!!

Pocket
LINEで送る