Pocket
LINEで送る

こんにちは、スマホ修理@勉強カフェ岡山駅前店です。

iPhoneでは何らかのアプリをインストールしないと認識できなかったQRコード(二次元コード)が、iOS 11の標準機能でスキャンできるようになりました。[カメラ]アプリを起動するだけです。

専用アプリは不要!QRコードをiPhoneの標準カメラで読み取りする方法

1.[カメラ]アプリを起動する

ごく普通に、標準アプリの[カメラ]を起動します。ここではURLの文字列が記録されたQRコードを読み取ります。

2.QRコードにカメラを向け、通知をタップする

iPhoneのカメラをQRコードに向けると、通知が表示されました。これをタップすると……

3.SafariでWebページが表示された

Safariに切り替わって、Webページが表示されました。超簡単です。

もしQRコードが読み取られない場合は、[設定]を確認してみましょう。

[設定]→[カメラ]にある[QRコードをスキャン]をオンにします。

どうして今まで標準機能でなかったのか不思議に思えてきますが……とにかく朗報ですね。書籍や雑誌、チラシなどのQRコードを読み取るときに活用しましょう。

便利な機能を利用して、快適に使ってみて下さいね!

Pocket
LINEで送る