Pocket
LINEで送る

こんにちは。スマホ修理@勉強カフェ岡山駅西口前店です。

冬場になって、当店でも、iPhoneのバッテリー交換の依頼が増えておりますが、ご自身のiPhoneで、バッテリー容量の劣化状態を自己診断できることをご存知ですか?

端末の種類と、iOSのバージョンの制限はありますが、iPhone6以降の機種で、尚且つ、iOS11.3以上でしたら、バッテリーの健康状態を伝え、バッテリーの修理が必要な時にそれを推奨してくれる新機能「バッテリーの状態」(ベータ)が利用可能になっています。

今回の診断機能では、そのバッテリーの劣化状態を自分で確認できるようなったというモノ。

公式での説明サイトはコチラ。
iPhone のバッテリーとパフォーマンス – Apple サポート

確認方法は、簡単です。

「設定」画面から、「バッテリー」→「バッテリーの状態」へ進みます。

バッテリーの状態(ベータ)

「バッテリーの状態」画面では、以下の2点が確認できます。

最大容量と、ピークパフォーマンス性能です。

・「最大容量」は、名前の通りバッテリーの最大容量です。
バッテリーは経年劣化で「充電できる容量」がどんどん落ちていきます。
新品同様のバッテリーなら「100%」だが、80%以下になると「著しく劣化」と診断され、バッテリー交換した方がいいラインになります。

・「ピークパフォーマンス性能」は、問題がなければ「お使いのバッテリーは、現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています。」と表示されます。
バッテリー容量が80%以下の場合は次のようなメッセージが表示され、バッテリー交換を促されます。

お使いのバッテリーは著しく劣化しています。
Apple 正規サービスプロバイダでバッテリーを交換すると、最大限のパフォーマンスや容量を取り戻すことができます。

またバッテリー劣化によってiPhoneがシャットダウンした場合、「パフォーマンス管理機能」が発動して以下のようなメッセージが表示される。

この iPhone で、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。
この現象が再度発生しないように、パフォーマンス管理が適用されました。

この「パフォーマンス管理」機能は手動でオフにできるますが、シャットダウンが発生すると再び発動します。
「ピークパフォーマンスを管理する」とは、CPUが忙しいピーク時に意図的に性能を抑える=「動作が重くなる」というコトです。
※突然のシャットダウンを防ぐための措置

手軽にご自身で、バッテリーの状態を確認できますので、一度お試ししてみて下さい。

もし、劣化しているようでしたら、交換されてみては如何でしょうか?

バッテリーの在庫も、ホームページに記載の有る全端末、ご用意しておりますので、お気軽にスマホ修理@勉強カフェ岡山駅前店にご相談下さいね!!

Pocket
LINEで送る