Pocket
LINEで送る

こんにちは、スマホ修理@勉強カフェ岡山駅前店です。

バッテリー不具合

最近の寒さで、iPhoneのバッテリーの持ちが短くなったり、充電が出来ないなどの不具合が、おきていませんか?

iPhone初めアンドロイドも含めたスマホに使われているリチウムイオン充電池。
冬にリチウムイオン充電池の持ちが悪いのは寒さが原因です。

常時部屋の中の気温なら変わらないと思いますが、屋外で使ったり、暖房のついてない部屋などだと減りが早くなります。
これはリチウムイオン充電池が電気を取り出す際の化学反応が、寒さの影響で鈍くなっているからです。
電池が劣化したのでは無く、十分に性能を発揮出来ない状態だそうです。

ある程度の、温度の中で使用を心掛けると、リチウムイオン充電池の持ちも寿命も長持ちします。

また、当店でも、ここ最近は、バッテリー交換が増えています。
上記の様に、寒くなってきて、車のバッテリーと同じく、急に電源が入らない、いつまでたっても充電されない状況が増えています。

その様な原因は、ほぼ、バッテリーの寿命です。

とくに、iPhone7、iPhone7Plus、iPhone6、iPhone6Plus、iPhone6s、iPhone6sPlusなど、発売からある程度たった(2年以上)端末は、バッテリーの寿命の時期になっているのが多いのではないでしょうか?

また、アップルが、公式で発表した様に、バッテリーが弱ってくると、意図的に、パフォーマンスを落とす(再起動や、突然のシャットダウンを防ぐ為)仕様になっていますので、新品バッテリーに交換すると、端末によっては、分かるくらい、パフォーマンスが回復しますので、定期的な交換をおすすめします。

バッテリーの在庫も、ホームページに記載の有る全端末、ご用意しておりますので、お気軽にスマホ修理@勉強カフェ岡山駅前店にご相談下さいね!!

Pocket
LINEで送る